HOME > ご挨拶

会長あいさつ

このたびは、社団法人岡山県鍼灸師会のホームページにアクセス頂きありがとうこざいます。
本会は公益法人として、平成19年に設立30周年を迎えました。
平成20年の定期総会において会長に選任されました内田輝和です。新執行部理事ともども県民の健康に役立つ鍼灸の普及のため斬新な企画で頑張る所存です。
社団法人岡山県鍼灸師会は公益社団法人日本鍼灸師会の倫理綱領に沿って会員の資質向上に努めています。
会としては社会のニーズに応えるべく、鍼灸治療の良さを広く県民に向けてアピールしていきます。
社会貢献のための奉仕活動、そして鍼灸の医療としての価値を理解して頂くために普及活動として女性部会委員会を立ち上げ、県民への啓発も企画しています。さらに、スポーツ鍼灸委員会、介護鍼灸委員会等を設置し、時代に沿った専門鍼灸師の育成にも力を注いでいきます。会員に向けては資質向上、社会奉仕を2本の柱として活動をお願いしています。最高の水準を保つため学術講習会を年5回開催し、保険取扱い業務やそのリスク処理等を指導し、知識と臨床経験の豊富な会員となるよう、魅力ある師会を目指します。
また安全衛生管理に対しては、日本鍼灸師会で指導する鍼灸医療リスクマネジメントでの学習の単位を取得することで(マル適マーク)の修了書と県鍼灸師会独自の安全対策基準を徹底していき、ディスポ鍼での使い捨て、キープ鍼での高圧滅菌使用管理、廃鍼処理等の基準指導された鍼灸師でもって会を組織していますので、是非、鍼灸業界発展のためともに活動されようとする先生方の参加をお願い申し上げます。


ページトップに戻る