HOME > 本会概要

(公社)岡山県鍼灸師会の組織と機構

公益社団法人岡山県鍼灸師会は、岡山県全域に7地区師会を有し、現在200余名の会員で組織されています。

最高決定機関としての会員総会の他、15名の理事、2名の監事、相談役による理事会、理事分担する会長、副会長並びに各執行部(総務部、組織部、庶務部、財務部、保険部、学術部、共済部、普及部、青年部、広報部)と諮問委員会によって運営されています。

また、全国47都道府県に独立した各都道府県鍼灸師会があり、その上部団体として公益社団法人日本鍼灸師会が組織され、私達の法的身分の確立や医療としての位置付け・健康保険制度の改革など活発な活動を行っています。

名称 公益社団法人岡山県鍼灸師会(おかやまけんしんきゅうしかい)
所在地

〒700-0901

岡山市北区本町5-20 高島屋東館3F

TEL・FAX:086-224-2721

設立年月日

1914年(大正3年)

1978年(昭和53年)7月27日 一般社団法人へ移行

2014年 公益社団法人へ移行

代表理事 会長 内田輝和
会員数 210名(平成30年9月19日現在)

 

部署 業務内容
総務部 官公庁に対する事務処理、各事業報告のまとめ保健所届出済証明書の手続き
組織部 会員の入退会の窓口、内容変更の把握、組織の拡充
庶務部 会員への事務通達
財務部 予算・決算の作成、資産の管理、会計事務
保険部 保険者との交渉、保険取扱の講習会と円滑な推進
学術部 会員資質向上の為、専門領域の研修講座、生涯学習、介護保険制度における鍼灸師の活躍の場を研究
共済部 共済制度について研究、日鍼会の共済制度、国民年金基金、事故賠償責任保険の推進協力、社員の事故に関すること
普及部 県民に対して鍼灸の正しい普及啓発、本会の啓発を非会員に実施、無料相談、無料治療に関すること、経営講座の開催、ポスターその他普及物品の作成および配布
青年部 入会時40歳未満会員は、青年部会員に登録、青年会員を対象にアウトドアーミーティングなどを通じて情報の提供、学術講習会や研修会を通じて優秀な青年鍼灸師の育成に努める
広報部 「鍼灸おかやま」及びメールマガジンを編集委員会の協力を得ながら編集発行、鍼灸業界の確実な情報提供
介護福祉部 介護保険の取り扱いに関すること、介護予防運動指導員の養成に関すること、居宅介護支援事業推進及び支援に関する
地区師会 会務運営の円滑をはかるため、県下に地区師会を置く。会員は地区師会に所属する。
岡山 ◎岡山市
 ◆責任者 才野優一
備前 ◎備前地区(玉野市・吉備中央町・瀬戸内市)
◎東備地区(赤磐市・備前市・和気町)
   ◆責任者 赤枝壽士
備中 ◎倉敷地区(倉敷市・総社市・浅口市・都窪郡)
   ◆責任者 芦田徹
◎備西地区(井原市・笠岡市・矢掛町)
   ◆責任者 藤井寛之
◎備北地区(高梁市・新見市)
   ◆責任者 柳生良雄
美作 ◎美作地区(津山市・美作市・勝田郡・久米郡・苫田郡・英田郡)
  ◎真庭地区(真庭市・真庭郡)
 ◆責任者 西谷典人

 

 

役員名簿

役職名 氏名 住所
顧 問 千田 博通 倉敷市広江2-6-32
顧 問 青野 高陽 久米郡美咲町原田3212-1
顧 問 山下 一盛 岡山市北区番町1-5-5
会 長 内田 輝和 岡山市北区本町5-20 高島屋東館3F
副会長 国安 俊成 岡山市北区下伊福上町17-15
副会長 松浦 浩市 倉敷市新倉敷駅前1-137-1
副会長 市村 由美子 岡山市北区内山下2丁目5-16 CASビル1F
総務部長 西谷 典人 真庭市上水田2746-1
組織部長 小原 陸夫 倉敷市連島町矢柄6188
庶務部長 東原 広一郎 倉敷市松島667-5
財務部長 馬場 みずほ 倉敷市呼松1-3-3
保険部長 才野 優一 岡山市北区下足守2038-3
学術部長 山口 大輔 岡山市北区奉還町2-7-1
共済部長 木多 勇企 津山市高野本郷1692-1
普及部長 高木 謙輔 都窪郡早島町早島2403-10
青年部長 赤澤 成仁 岡山市北区下足守2038-3
広報部長 内田 成洋 岡山市北区本町5-20 高島屋東館3F
介護福祉部長 吉田 和彦 岡山市北区伊福町1-10-17
監 事 吉田 高行 倉敷市西阿知1095
監 事 石部 春子 岡山市北区津高217-8

 


ページトップに戻る